1_萌萌虫雑記帳.png

ボリビアンサーモンピンクバードイーター

2013/10/25


 バードイーターですよ。ボリビア(南米)産の大型種です。その名のとおりサーモンピンクの毛で覆われますが、からだ全体をピンクで覆うのではなく、黒っぽい体をピンクの毛で縁取るって感じです。それでもなかなか綺麗です。成長すると、各脚に白毛で形成されたストライプ模様が目立つようになりなかなかオシャレです。
 比較的温厚なクモですが、成熟すると前脚4本を振り上げて威嚇ポーズをとるようになります。カッコイイです。



 ↑ 3cm系の試験管に入っている幼虫。

 生後間もないCBの幼虫を入手しました。頭胴長十数ミリの小さな個体を2頭。みずみずしい体がいかにも幼虫って感じです。これが最大級のタランチュラとはとても思えません。
 試験管の中で何度か脱皮してスクスクと育ち、試験管が手狭になってきたところで、プラケースに移しました。


 ↑ 試験管の中で脱皮している様子。上が脱け殻で下が脱皮直後の幼虫。


 ↑ 試験管から出した少し育った幼虫。こうして見ると、日本の普通のクモと変わらない。


 バードイーターは地上性(徘徊性)のクモなので、飼育レイアウトは土を敷いて浅い水入れを用意するだけ。試験管より広めのケージに移されてしばらくは落ち着きなく歩き回っていましたが、その内ケージの隅でじっとしているようになり、夜間に巣穴を掘って潜り込みました。
 ケージの中に偏平な石などを置いてやると、その下を堀り、水入れをひっくり返されたりしなくて良いです。


 ↑ バードイーターの少し育った幼虫の飼育レイアウト。


 ↑ 幼虫の掘った巣穴をケージの側面から観たところ。黄色矢印が入口付近、緑矢印が巣のいちばん奥、ピンク矢印のところに幼虫がいる。


 飼育を始めてから約2ヶ月で、体長が倍くらいに成長しました。サーモンピンクの体毛が顕著になり、ずいぶん貫祿が出てきました。
 あるとき脱皮中のところを見つけました。半分旧皮から出たところで動かずに横たわっていたので、脱皮の途中で死んでしまったのかと思いました。そのままにしておくと休み休み何時間もかけて脱皮を行ないました。地表でまったく無防備な状態で脱皮しました。


 ↑ 脱皮中のところを手にとってみた。まったく動かないので最初は死んでしまったのかと思った。


 ↑ 脱皮直後の様子。脚や体がまだ柔らかく、腹部がたいへん小さい。


 ↑ 飼育開始から約2ヶ月で体長が約2倍になり、風格が出てきた。


 成長したボリビア君は、巣穴に潜り込むことが少なくなりました。地表に薄く糸のマットを敷き、その上にボーッとしています。この方がじっくり観察できて良いですね。
 そして飼育を開始してから13ヶ月で、頭胴長が8cmていどになりました。でかいです。頭に太くて大きな触肢が突き出ていますから、さらに1cmくらい頭胴長が大きく見えます。レッグスパンつまり8本の歩脚を拡げた大きさは15cmくらいになりました。




 ↑ ケージのフタを開けると飛び出してきた。

 充分に成長したバードイーターは、30cmていどの偏平なプラケースに浅く土を敷き、水入れを置いてやれば飼育レイアウトはOKです。土に潜り込むこともなく、地表にうっすらと糸でマットを敷いて、昼間はその上でボーッとしています。メンテナンスのためにケージのフタを開けると、驚いて飛び出してくることもありますが、基本的に夜行性なので、そのまま逃げ去ることもあまりありません。昼間はとにかくボーッとしていて扱いやすいです。





 手を近づけても襲ってきません、触ると怒りますけど。上の写真のように体色が薄くなってくると脱皮してからずいぶん時間が経過してるってことです。節足動物は成長過程で外骨格である外皮を何度も脱ぎ捨てます。昆虫の場合は成熟すると脱皮はそれでおしまいですが、クモの場合はその後も脱皮は繰り返されます。脱皮の周期は幼虫時代に比べて長くなりますが、それでも年に何度か脱皮を繰り返します。
 昆虫以外をほとんど飼育したことがなかった筆者にとって、生きている限り続くクモの脱皮というのは、目新しいものでした。クモ類にとって脱皮は、爬虫類のそれと似たところがあります。すなわち老朽化した外皮を代謝によって刷新するわけです。爬虫類の場合は薄い皮質が脱落するわけですが、節足動物にとって外皮は骨格でもあるので、爬虫類のように容易なものではありません。体が大きなものほど脱皮には時間と体力を要しますし、脱皮前は新しい体が形成される間かなり長期にわたり採餌できないし、脱皮後も外皮が固まるまで絶食が続きます。また、脱ぎ捨てられた旧皮は、クモ丸まる1匹分の形状を保っています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM