1_萌萌虫雑記帳.png

マルカメムシ

2015/09/20


 飼育中のクツワムシの餌を調達するために、クズのやぶに行ってまいりました。クズにはカメムシがつきもので、わけても本種はクズの一部かよってくらいほぼ必ずいます。しかも大群で。葉を収獲しようとして少々手荒く茎を引きちぎろうとすると、さっそくカメムシ臭がします。くさっ。



 なんか見なれない虫を発見。5mmくらいの小さな虫で、葉にぴったりくっついて葉とどうかしています。ちなみにカメムシは葉をかじりません。セミと同じくストロー状の口器を茎に刺して汁を吸うです。



 ズームしてみると、なんか毛むくじゃらです。



 少し大きな毛むくじゃら2頭を発見。緑色の三葉虫みたいだ、と思いました。



 やはり葉にくっついています。見た感じカメムシの幼虫っぽいのですが、葉脈から汁を吸うのでしょうか。



 茎にもいました。たくさん並んでます。クズの下の方の茎は固く幹状になっているので、小さなカメムシには汁を吸うのも大変でしょうに。



 葉脈にくっついているところ。やっぱこの方が吸いやすいですよね。



 成虫を発見。夏場にはうんざりするほどいる成虫が、ひじょうに少ないです。夏場に繁殖に加わった成虫たちは、今ではもういないのでしょうか。だとすると、これは羽化したばかりの新成虫ですかね。



 マルカメムシの幼虫って、緑色で毛むくじゃらなんだ。初めて知りました。そして今自分は成虫がひじょうに少なく幼虫だらけなんだってことも発見でした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM