タイトル.jpg

クビワクロハナムグリ4

2015/11/19


 飼育を始めて4ヶ月になります。体色は派手ですが生態的にひじょうに地味な虫です。日本のクロハナムグリといろんな点でよく似ています。昆虫ゼリーの消費は少なく、時にはまったく手つかずのまま1週間以上放置されていることもあります。死滅してしまったのかと心配するほどです。マットの中を探ってみると、生きているのが確認できます。飼い始めた初日はあれほどよく飛び回っていたのに。よく判らない虫です。



 マットから掘り出した成虫。死んだようにじっとしています。ケージを収容している温室は加温しているので、冬眠するような温度にはなっていません。



 なんと、終令幼虫がでてきました。9月まで卵も幼虫も発見できませんでしたが、その後に産卵された卵から孵化した幼虫が、わずか2ヶ月ほどでこれほど成長したのでしょうか。小型のハナムグリですからあり得ない話ではありませんが。



 マットに戻すと、幼虫は一目散に潜ってゆきました。保湿のために加水したせいでマットがかなり水分過多になっています。新しいものと取り換えてやった方がよさそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM