1_萌萌虫雑記帳.png

リノティタン

2015/11/28


 新生代始新世の中ごろ、中生代の恐竜や大型爬虫類が一斉に絶滅を迎えてから1500万年ばかり経った頃、にアジアに生息していた大型哺乳類です。肩までの高さが2mもある草食動物で、復元図はたいていサイのような動物として描かれていますが、現生のサイに比べると足が長く全体的にずんぐりした感じはありません。骨格標本では頭頂に大きな突起が目立っていますが、復元図では角として描かれておらず、上顎から突起にかけて皮膚が覆い、高い位置に鼻孔が開く特徴的な顔立ちになっています。



 新生代前期に当たるこの時期、哺乳類は鳥類の進化を制して全盛期を迎えつつありました。もう少し詳しく言うならば、有袋類が鳥類を制し、それを真獣類が制して本格的な哺乳類の時代が到来した頃でした。真獣類とは、生殖器官として胎盤を持つ仲間です。現生の哺乳類はそのほとんどが真獣類で、有袋類はオーストラリア地区と南米に生き残りがいるに過ぎませんが、大型真獣類が進出して来るまでは、世界中に有袋類が生息したそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM