1_萌萌虫雑記帳.png

ウインタテリウム

2015/11/28


 新生代始新世に北米およびアジアに広く分布していた草食獣です。復元図ではサイのような動物として描かれていますが、現生のサイが属する奇蹄目ではなく恐角目という絶滅群に属する動物です。新生代前期の真獣類が繁栄しつつあった時代には、サイタイプの草食獣がひじょうに多かったようです。
 頭部には大きな角状突起が3対あり、犬歯が大きな牙になっている面構えは、ひじょうに獰猛な動物を思わせますが、大脳が小さくかなり愚鈍な動物であったと言われています。



 体長約3〜3.5m、体高は2.5mほどありました。大きいです。こんなのが群れを成して大地を闊歩していた時代を想像すると、現在の哺乳類が新生代第3紀に比べるとひじょうに衰退していることが判ります。



 これより少し後の始新世末期になると、奇蹄目の仲間の進出が目覚ましくなり、その最大種パラケラテリウムでは、体長8m肩までの高さが5.5m、首をのばせば7mの高さになるという大型化を達成しています。これは長鼻目(ゾウ目)の現生種および化石動物を上回る大きさで、史上最大の哺乳類です。
 なおパラケラテリウムは、古くはインドリコテリウムやバルキテリウムとも呼ばれていました。筆者はバルキテリウムの名がもっとも馴染み深く、パラケラテリウムの名はなかなか覚えられません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM