1_萌萌虫雑記帳.png

ダンゴムシ5

2015/12/03


 6月から飼い始めたアルビノのダンゴムシですが、9月まではあまり繁殖しませんでしたが、10月頃から徐々に幼虫の数が増え始めました。10月末には気温が急に下がりましたから加温した温室に収容しました。ヒーターの温度は20℃に設定していますので、±2〜3℃くらいの飼育温度になっていると思います。



 最初の頃は、ケージの側面に沿ってマットに浅い穴を掘り、その中で丸くなっている個体が目立ちましたが、9月以降足場となる木片を増やしてからは、木片にくっついているものが増えた気がします。



 そして木片を増やして以降、繁殖が促進されました。繁殖が進んだことと木片を増やしたこととの関係は不明です。そこには何の因果関係もなく、飼育期間が長くなるに従って成熟個体が増え、メスの子産が増えたというだけのことかもしれません。



 最近はかなり成長した幼虫も目立ってきましたから、やがてその子たちも成熟して繁殖に加わることでしょう。



 アルビノのダンゴムシはほんとに綺麗です。これから冬の間も加温した環境で管理する予定ですが、ダンゴムシはあまり季節感を気にしなさそうなので、加温状態で問題ないと思います。餌も月に2〜3回ていどのスタンスで与え続ける予定です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM