1_萌萌虫雑記帳.png

クマワラジムシ5

2015/12/03


 6月に飼育を開始して夏場はどんどん幼虫が生まれましたが、秋以降はあまり生まれなくなりました。同じ時期に飼育を始めたダンゴムシが秋以降になって繁殖が本格化したのとは対照的です。ただ、充分数が増えたので、長期的な飼育に光がさして来ました。



 夏場に生まれた子供たちもずいぶん大きくなりました。一部まだ小さい幼虫がいますが、生まれたての幼虫は秋以降はほとんど見かけなくなりました。



 ワラジムシもダンゴムシも寄り集まるのが好きですが、ワラジムシの方が密着度が強いような気がします。ダンゴムシは体高があるので仲間の背にしがみつきにくいからか、重なっていることはあまりないです。



 これから冬場は、温室内で飼育温度20℃前後で管理し、餌も月に1〜2回与えようと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM