1_萌萌虫雑記帳.png

ツチイナゴ

2015/12/03


 寒風のなか、駅のホームでツチイナゴを見つけました。ゴケグモの巣にでも掛かったのでしょうか、綿毛のような糸がからまっています。寒いので動きが悪いです。線路の土手にはたくさんクズが茂っていますから、普段はそこに住んでいるのでしょう。



 かなり大きなイナゴです。最初はクルマバッタかと思いましたが、それよりもいくぶんスマートな感じです。イナゴと名のつく虫としてはいちばん大きいんじゃないでしょうか。



 この虫は、ふつうのバッタやコオロギ類とはライフスタイルが反転しているそうです。すなわち、秋に
成虫が現れ、そのまま越冬して来年活動を再開し6月頃には繁殖を終えて死去するそうです。秋に産卵を終えて死去し、半年以上を卵で過ごす他の直翅類に比べると、活動期間が長いですね。その期間中に冬越しを経験するわけですが。



 夜になると、あろうことか駅舎の中で再会しました。筆者の衣服にでもくっついて来たのでしょうか。駅舎の中なら風雨をしのげますし、外敵もいませんから春まで安全にすごせますね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM