1_萌萌虫雑記帳.png

アサギマダラ2

2016/01/12


 アサギマダラの幼虫の成長はひじょうに早いです。冬場でも加温してやれば暖かい季節と変わらない成育状態になるようです。日に日に大きくなるという表現が過言ではありません。これなら食草を1ヶ月分くらい最初にストックできれば蛹化まで育てることができそうです。



 大きな個体では頭部のすぐ後ろの皮膚が伸びきっているのが判ります。こうなると次の加令は間もなくです。



 現在11頭の幼虫がいますが、越冬状態から覚めて採餌し始めるのに出遅れた個体と、すぐに採餌を始めたものとではかなりのサイズ差があります。



 冬場の加温飼育ではケージが極度の乾燥状態にさらされます。食べきらないうちに食草がカラカラになってしまうと無駄になります。たっぷりと加水したティッシュで葉の切り口を覆い、飼育ケースにもラップをして水分が逃げないようにします。ただ、群れてケージ内が汗をかいているような状態はよくないので、ラップで覆う際には1ヶ所通気口を設けておきます。ケージの置き場所も暖房の排気口の近くや直射日光の当たる場所など過剰に高温になるところは避けるようにします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM