1_萌萌虫雑記帳.png

ヒメジョオン

2013/11/09


 どこにでも棲息する珍しくもない雑草ですね。キク科植物であることは花を見れば判ります。平野部でも広い空き地などに群生し、その様子はなかなか見事なのですが、雑草というだけで人気がなく、これが庭に咲こうものなら誰でもためらわずに抜いてしまいます。綺麗な花なのに。
 本種は、かな表記しろと言われればちょっと迷ってしまいます。ヒメジオンあるいはヒメジヨンとか書いてしまうことが多いのではないでしょうか。漢字で書くと姫女菀となり、ヒメジョオンの表記が正しいのですが、これを知らないと発音も正確にできていなかったりしますよね。姫は小さいことを、女菀は中国渡来の花を現すのだそうです。
 日本には中国大陸から渡ってきたのかもですが、原産は北アメリカで、アジアやヨーロッパにも広く分布しています。



 本種は、いつの間にか庭に侵入していて、あれよという間に立派な背丈になってしまいます。放っておくとすぐに1メートルくらいになり、庭が雑草畑と化すわけですが、その勢力は場合によってはセイタカアワダチソウに負けていません。両者とも直立タイプで引っこ抜くのが容易なので、その点はいいですね。葉が細長いせいか、筆者の庭では花を付けるまでその存在を見過ごすことが多いです。これは筆者がたいへんものぐさなせいもありますが。
 近縁種に、花数が少なめでやや大きいハルジョオンや葉が柳のようなヘラ状になるヘラバヒメジョオンがあります。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM