1_萌萌虫雑記帳.png

アサギマダラ6

2015/01/30


 悲しいお知らせです。蛹化までこぎつけたアサギマダラたちが、マダラヤドリバエに食べられてしまいました。このハエはアサギマダラの食草に産卵し、幼虫が葉を食べる際に一緒に卵を食べることによって体内に入るのだそうです。それを防ぐために葉を1枚1枚水洗いしていたのですが、それでも見落とした卵がたくさんあったようです。どれだけ産んでん。



 前項で、茶色くなってきた蛹を記載しましたが、あれは成長しているからではなく、マダラヤドリバエの寄生のために死んでしまったからだったわけです。



 無残に食いつくされた蛹から、這い出してきた幼虫が蛹になっています。蛹は7.5mmほどあり、これが3匹ばかり出てきました。



 他にも変色している蛹があります。写真右2枚は同じ蛹を別角度から撮ったもの。これらの蛹も規制されているようです。



 こちらは翅の部分だけが黒ずんでいます。成虫の体が形成されているからだとよいのですが、それにしてはチョウの蛹特有の翅の模様が見当たりません。



 きれいな緑色を保っている蛹。難を逃れ無事に羽化することを期待したいです。モンシロチョウもコマユバチの寄生によりひじょうに多くの個体が蛹化までに死滅します。自然界では難を逃れる方が少ないそうです。アサギマダラの場合もそれと同じような感じですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM