1_萌萌虫雑記帳.png

オオムラサキ4

2016/01/30


 一昨年に続いて、越冬幼虫を入手しました。今度こそ羽化まで育てたいところです。前回は、食草を充分に準備できず、エノキにちょくせつ幼虫たちを放してやったところ、葉を食べつくしたあといなくなってしまったわけですが、今回は充分な葉を用意し、飼育ケースの中で管理したいと思います。



 越冬幼虫です。葉に糸で体を固定しています。



 生息地では、かなり多くの幼虫が得られるようです。それでも今年は少ないと採集者がおっしゃっていました。



 1枚の枯葉に2頭以上の幼虫がくっついていることも少なくありません。



 越冬幼虫は、頭を伏せ頭部にある角状突起を葉にくっつけています。まるで蛹ですね。幼虫たちは落ち葉にくっついて地面に転がっているようです。落ち葉にくっついているよりも食草となる木の枝にくっついていた方が安全だと思うのですが。

 春までうまく管理できれば、4月中旬以降から活動を始め、2ヶ月くらいで羽化に至ると思われるのですが。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM