1_萌萌虫雑記帳.png

キルギスオオワラジムシ2

2016/02/02


 うちに来てから1週間が経ちました。動きもよく餌食いも良好で、飼育は順調のようです。ケージを仕立てるときに、足場兼シェルターとしてクワガタムシの産卵木の用いた使い古しの朽木に加水したものを入れてやったのですが、同様に同じものを使用した他の等脚類のケージでは菌類が菌糸を伸ばして朽木やマットの表面が白くなっていましたが、本種はおそらくそれも食べてしまうのでしょう、菌糸の繁茂は見られませんでした。



 小松菜の葉と熱帯魚用の飼料を少量ずつ入れてやりましたが、それもきれいになくなっていました。



 姿を見るために朽木を裏返してみると、一目散に駆け出す様子が伺えます。元気そうでなによりです。



 脱皮後の抜け殻。どんどん加令して大きくなって繁殖してください。等脚類は上半身と下半身に分けて半分ずつ脱皮しますが、抜け殻は食べてしまうようで、こうして残っていることは珍しいです。



 他のワラジムシは、朽木に肩を寄せ合ってくっついたままじっとしていることが多いですが、本種はよく走り回ります。飼育環境にまだ慣れていないせいもあるのでしょうか。しばらくそっとしておくと動きを止めるので、シャッターチャンスですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM