1_萌萌虫雑記帳.png

ヤマトシロアリ7

2016/02/02


 12月下旬に加水してやり、かなり水分過多になってしまったので心配していたのですが、飼育を開始してから最も良好な様子が伺えました。ずいぶんと数も増えているようです。シロアリの飼育では水分が多すぎるくらいが良いのでしょうか。



 朽木を裏返すと次々にシロアリたちが出てきます。これまでのように限られた場所に集まって細々と暮らしている感はなく、どこを探っても姿が見えます。



 兵アリの姿も見えます。数が減少していた頃は、兵アリはあまり見かけませんでした。



 食べられた朽木は粉々になっています。これがシロアリたちの糞なのでしょう。朽木がずいぶん減って来ましたので、近いうちに追加してやる必要がありそうです。



 シロアリは数が増えてくると、ケージを脱走して生息域を拡大しようとするそうです。タッパーの側面をよじ登ることはできませんから、こうして"蟻道"を作ります。蟻道は糞を重ねて作っているようです。タッパーのフタに届いていましたが、そこから脱出口を見つけられず、脱走には至らなかったようです。このまま放置しておくと、フタをかじって穴を開けて脱走しないとも限らないので、蟻道は破壊しておきました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM