1_萌萌虫雑記帳.png

クリスマスローズ

2016/03/22


 ヨーロッパから西アジアにかけて生息するキンポウゲ科ヘレボラス属の植物です。日本ではヘレボラス属を総じてクリスマスローズと呼称していますが、本来はヘレボラス・ニゲルという種の別称なのだそうです。11月下旬頃から冬を通じて花を着け、さらに4月半ばまで開花時期が続くようです。クリスマスの名称は、もともとニゲルがその時期に開花することに由来します。
 高温多湿が苦手で、夏期は休眠状態になります。スイセンと同じような感じですね。



 高いビルの屋上に植えてありました。撮影したのは2月です。ビルの屋上という環境は、本種にとっては理想的なのかもしれません。



 こちらは黄色い花。上記の白とは種類がちがうようです。クリスマスローズと言われるものには、ピンクや紫、青といった様々な花があり、形状も様々なものが品種改良されています。
 筆者の家のご近所には、小さな株に白い花がたくさんついているものが植えられており、なかなか見事です。ちょうど今、咲いています。花数が多いですが、いずれも下向きに咲いているところが印象的です。
 花の少なくなる寒い時期に、クリスマスローズは庭に彩りを与えてくれます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM