1_萌萌虫雑記帳.png

アカスジキンカメムシ2

2016/04/14


 今年もようやく気温が安定してきました。木々の葉が芽吹き、虫たちが活動する季節ですね。冬眠中の終令幼虫たちは、これまでも気温が上がると緩慢ではありますが動き回ることがありました。3月以降の虫たちの管理は、時々水をスプレーしてやるだけでしたが、そろそろ通常の飼育に戻してやります。



 4月4日。最高気温が20℃に達し、最低気温が10℃を上回りました。通常の飼育環境を仕立ててやります。小さなプラケースに加水したミズゴケを敷き、昆虫ゼリーを水を含ませたスポンジを起きます。写真に移っている枯れ葉は、幼虫たちが身を置いて越冬していたものです。枯れ葉は足場として役立ちそうですね。



 時おり触角を動かしたりしますが、歩き回ろうとはしません。そっとしておきましょう。



 本種と同時に入手したオオホシカメムシの幼虫たちは、すでに活発に動き回っていますが、本種はまだ活動する気配がありません。



 可愛いおしりですね。



 4月11日。幼虫たちはプラケースのフタの裏側の一角に固まっていました。さながら寄り添って冬眠している図です。まだ活動を開始しないのでしょうか。



 1頭だけ別の場所にいたので、手にとってみました。上は裏返ってジタバタしている図。長い口吻がよく目立ちます。下は起き上がったところ。よく動き回ります。
 通常の飼育環境を仕立てて1週間経過しましたが、昆虫ゼリーを吸汁したかどうかは確認できていません。とりあえず新しいものと交換しておきます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM