1_萌萌虫雑記帳.png

トランスルーセントグラスキャット

2013/11/12


 トランスルーセントグラスキャットとといういささか長い名前の熱帯魚ですが、ひじょうに有名でたいていのショップに取り扱いがある(なければ品切れ中かも)ので、グラスキャットと言えばお店の人もすぐに判ってくれます。全長10cmに満たない小さな魚で、透明な体が特徴です。これでもナマズの仲間です。たいへん長いヒゲを持っていてこれに触れる餌に飛びついて食べます。熱帯魚用の人工飼料もよく食べますが、アカムシなんかも大好きですね。



 初心者向きです。一見か弱そうに見えてなかなかの頑健種です。しかしながら水質の悪化には神経質なところもあり、ヒゲや尾が溶けてしまったり、病気になったりしやすい面もあります。すべての魚に言えることですが、水換えは小まめに行なって水質の悪化を避けましょう。
 臆病者です。水槽に馴れないうちは物陰に隠れがちです。1〜2匹だけで飼っているといつまで経っても物陰から出てきません。数匹から10匹以上の群れにしてやると、全員が同じ方向を向いて水槽の中層に駐留するようになり、飼育者に寄ってくるまでになります。



 乱暴者の魚さえ避ければ、たいていの魚と混泳可能です。ナマズ好きな筆者は、この安価で丈夫な透明魚を常に飼ってます。色がらものも良いですが、けっきょくはこうしたシックな魚が飽きないですね。
 見たところ食い溜めできそうにない体をしていますが、実際に餌を絶やして餓死させるケースもあるようです。群れを形成できるだけの個体数がいなかったり、気の荒い魚がいたりすると、物陰にかくれたまま餌を食べに出てこれずに衰弱してしまうこともあるようです。



 飼育下での繁殖は難しいです。そもそもナマズの仲間で人工繁殖が容易なものはひじょうに少ないです。専門家に任せておくほかありません。ナマズ好きには残念な話しですが。
 また、本種以外の透明な魚としては、同じナマズ目のアジアンクリスタルキャットや、スズキ目のグラスフィッシュの仲間が有名ですが、前者はひじょうに小さく物陰からなかなか出てきませんし、後者は海水魚から淡水に移行した二次淡水魚で汽水域に棲むものも多く、飼育が難しいです。その中でもグラスエンジェルは純淡水性ですが、飼育下では長生きさせにくいと聞きます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM