1_萌萌虫雑記帳.png

オオアトボシアオゴミムシ

2016/05/07


 平地でもしばしば見かけるゴミムシです。アオゴミムシと言えば本種ですね。中学生の頃に腐肉採集トラップで大量に捕獲した覚えがあります。花博で有名になった鶴見緑地では、本種のほかにもセアカゴミムシやミイデラゴミムシがたくさん採れました。触ると独特の臭いを放ちます。その臭いがまたなんともなつかしいのです。
 腐肉採集と言えば、空き缶などを地面に埋めて落とし穴状にし、その底に腐りかけた肉などを入れておくというトラップ採集で、ブンブン飛び回るような虫は捕らえることができませんが、腐肉に集まる多くの虫が、都合よくも飛翔能力が退化しています。



 アオゴミムシと申しましても、頭胸部が赤褐色の金属光沢を有するゴミムシでして、見る角度に寄って部分的にかなり青みが認められます。翅鞘は光沢が少なくなり先端近くに明瞭な黄紋があります。この紋の形には個体変異が著しいです。




 体長が20mmを上回るていどあり、前胸の後方がよくくびれる形状はオサムシ的です。金属光沢もオサムシ的ですね。



 オサムシの仲間はいくつか飼育経験がありますが、本種を飼うのもそれと同じで良いでしょう。小皿に昆虫ゼリーの小片をのせ、熱帯魚用のフレークを振りかけてやれば飼育用のレシピは完成です。

 こうした綺麗なゴミムシを見ていると、むかしを思い出して腐肉採集でもやろうかと思ってしまいますね。多くの昆虫が出そろう5月は腐肉採集にも打って付けの季節です。
 冷蔵庫から出して1日以上経ったハムでは、たくさんの大型ゴミムシが採れました。腐敗がはじまった鶏肉では、ヒラタシデムシの大群が掛かりました。アサリを入れておくとマイマイカブリやエンマムシが入っていました。
 筆者が中学生の頃には、斜めに傾斜した金属製のフタの付いたゴキブリホイホイが市販されていて、これだと埋め込まずとも地面に置くだけで良いトラップになりました。虫たちはフタを押し上げて中に浸入しますが、内側に傾斜したフタを中から持ち上げる知恵がないので、そのまま中に閉じ込められるのです。現在は粘着テープで虫を逃がさない使い捨てタイプしか市販されておらず、あれは腐肉採集トラップには使えませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM