1_萌萌虫雑記帳.png

キイロショウジョウバエ

2016/05/10


 ヤドクガエルや小さな爬虫類の幼体などの餌として市販されているキイロショウジョウバエですが、飼ってみようかと考えて入手しました。小さなクモを飼育し始めたので、その餌用にも利用できますし。
 ショウジョウバエやミバエの仲間は、生き物の飼育をしていると頼みもしないのに向こうからやって来ることが多いです。カマキリの卵から幼虫が孵化したりした場合、ケージの中にバナナでも入れておけば、それが腐ってくるとショウジョウバエが集まってきてカマキリの幼虫の餌が自動的に調達できます。便利だ。でも一般過程ではコバエがわいたと言って嫌われていますよね。



 5月2日。市販のキイロショウジョウバエ、ポリ容器入りを通販で購入しました。ひじょうにすばしこい虫なので、容器から出して観察するのが困難です。なんか悲しい写真になってしまいました。



 ポリ容器越しでもショウジョウバエたちに翅がないのが判ります。餌用に養殖されたものは、翅のない変異型を選別固定し累代飼育したものが主流です。ショウジョウバエは、同じ血統を何代も掛け合わせ続けても劣化が起こりにくいのだそうです。



 ポリ容器の底には培地が入れてあります。マッシュポテトの素に水を加えて練り、イースト菌を加えたものだそうです。ネット上のとある情報では、イースト菌はなくてもよいとのことです。
 培地はショウジョウバエたちの餌にもなり、幼虫が繁殖するための温床でもあります。



 ガラス試験管に入れた成虫たち。ポリ容器よりも見やすいですね。



 キイロショウジョウバエは、その名のとおり黄色っぽい体色をしていますが、目が赤いことも特徴です。筆者が知る限りむかしからこうですが、遠いむかしにメラニン色素の欠乏すなわちアルビノの系統が繁栄し、その系統だけが生き残ったのでしょうか。
 本種は中央アフリカを起源とし、そこから世界中に拡散したのだそうです。10日ていどで世代交代が実現し、それから2ヶ月ほどの寿命を持つそうです。果実や樹液に発生する天然酵母を餌とし、動物の死骸や排泄物には集まらないので病原菌の感染経路にはなりませんが、大量発生するコバエは精神衛生上よろしくないということで、不快害虫として駆除の対称になっていますね。可愛いのに。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM