1_萌萌虫雑記帳.png

ギフチョウ5

2016/05/10


 幼虫たちは見るたびにデカくなっていて唖然としてしまいます。成長に従って食草の消費も多くなりますから、隔日かできれば毎日新しい葉を補給してやらねばなりません。それと糞も大きくなるので、ケージ内もすぐ汚れてしまいます。理想は大きなケージに少量の幼虫を飼うのがよいのですが、あれこれ生き物を飼っていると、ギフチョウだけにたっぷりスペースを設けるわけにもゆきません。



 5月8日。小さな幼虫がいます。ヒメギフチョウの卵を入手し飼育を始めたので、まぎれこんだのでしょうか。大きな方の幼虫も初令の頃はこんなに小さかったんですよ。そろそろ4令ってところですか。いやほんとに大きくなりました。



 ギフチョウの幼虫はかなり神経質です。人が触れると丸くなってじっとしたままなかなか動き出しません。神経質というより夜行性の傾向が強いのかもしれません。昼間はムシャムシャ食べているところをあまり見かけませんし。



 幼虫が大きくなると糞も大きくなります。糞は長くケージ内に放置するとカビが発生するので、こまめに取り除いた方がよいです。



 現在のサイズで約25mmです。もう1回脱皮したら終令ですかね。見てみないと判りませんけど。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM