1_萌萌虫雑記帳.png

ジュウニヒトエ

2016/05/12


 ひじょうに背の低い下草です。シソ科に属する日本固有種で本州と四国に分布する多年草です。1cmていどの花が重なり合う花序を平安時代の十二単に例えたのが名の由来だそうです。小さいけれどたいへん特徴的で異彩を放っています。筆者は初めて見ました。



 北摂の低山地をポコポコ歩いていて偶然見つけたのですが、とても感動しました。わずかに紫を帯びた白い花は清楚にして豪華でもあり、思わず見とれてしまいました。



 花を上から見たところです。美しいでしょ?



 最初に見つけたのは1株でしたが、すぐ近くで何株か見つけることができました。ただ、その後は一向に出会うことがなく、棲息数は多くないことが想像できます。



 帰ってネットで調べて、いくつかの県で絶滅危惧種に指定されていることを知りました。北摂地方のジュウニヒトエはどうなのでしょう。ここでもワラワラ生えているような植物ではなさそうですが。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM