1_萌萌虫雑記帳.png

アカバナユウゲショウ

2016/05/12


 明治時代に北米から持ち込まれた植物で、逸出したものが自生し、今では日本の野山の草花になっています。ユウゲショウの名は夕方から開花することに由来するそうですが、日中でもしばしば開花するようです。筆者は昼間に見かけました。



 なかなか見かけない草花です。少なくとも筆者は過去に目にした覚えがありません。もともとが園芸植物ですから現在でも育てている人がいるかもしれませんが、種は風に乗ってすぐに逸出し、野花と化すようです。



 小さいながら菱形に並んだ4枚花弁がとっても可憐です。



 可憐でしょ? 可憐ですが見たところ花数は多くなく、ガーデニングにはちと物足りないかもしれませんね。野道で見かけるのが最も似合っているようなきがします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM