1_萌萌虫雑記帳.png

トクノシマヒラタクワガタ9

2016/05/12


 一昨年2014年に仕立てた産卵セット(朽木をマットに埋め込んだもの)をいまだにそのまま管理しているのですが、その中にいる終令幼虫が、依然として幼虫の姿のままで出てきました。同じ年に生まれた菌糸ビン飼育にした幼虫たちは去年の初夏には羽化し、冬を越して成虫として2年目を迎えているというのに、この幼虫はずっと幼虫のままでいる気なのでしょうか。



 産卵セットの中は今では朽木がすっかり砕けてなくなってしまい、発酵が進んで黒くなったマットばかりになっていますが、その中で幼虫は元気に暮らしています。幼虫のまま丸2年です。この環境では栄養が足りないのでしょうか。これから菌糸ビン飼育に切り換えれば羽化に至るのでしょうか。



 一方、成虫として2年目を迎えた個体は、去年はけっきょく繁殖に至らず、メスが死去あるいは脱走してしまい、オスだけが元気にしています。そのオスが、先月あたりから奇妙な行動をとるようになりました。すなわち産卵用に入れておいた朽木をせっせと削っているのです。



 オスの大腮は攻撃力はあっても木を削るのは大変だと思いますが、今日までにかなりの傷跡をこしらえました。独りでいったい何をやっているのでしょう。



 つけられた傷は線状に続き、ところによりひじょにうに深くなっています。たいへんな重労働です。外観はそのままで気持ちはメスに性転換してしまったのでしょうか。そんなことはないですよね。



 謎の行動を続けるオスです。全長75mmのかなり大きなオスです。大腮がすり減っているわけではなく、体力的な疲弊も見たところ感じられません。メスのクワガタでもまぎれ込んだのかとマットの中を探してみましたが何もいませんでした。
 オスの謎の行動と言い、成虫にならない幼虫と言い、ほんと頭かゆいです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM