1_萌萌虫雑記帳.png

シュロ

2016/05/14


 日本ではヤシ科の植物を目にすることは多くないですが、シュロは古くからよく庭や公園などに植えられてきました。九州以南に分布するワシュロは、ヤシ科植物の中でも最も耐寒性が強いので、かなり北の地方でも植えられているようです。
 ただ、野生のものは九州以南に自生するので、大阪府池田市の五月山で本種と出会ったのは、なんだか不思議なことでした。



 最近はあまり見かけなくなりましたが、筆者が子供の頃は一般家庭の庭や学校でもよく目にしました。たいへん申し訳ないですが、筆者はこの木を美しいと思ったことがありません。なんで盛んに栽培されるのか、いまだによく解りません。



 山の中を歩いていて、次から次へと姿を現わす高木のシュロは、とても異様な光景でした。こんな山の中にいったい誰が持ち込んだのでしょう。



 GWはちょうど花の時期で、綺麗というより奇妙な黄色い花が方々で咲いていました。誰かが植えたのではなく、栽培されているものが種を介して逸出したのでしょうか。



 シュロのこんな大木はなかなかお目にかかれません。大木だけど幹はそれほど太くなく、ひょろっとしています。
 他の山々ではシュロの自生に遭遇することがないのは、育つまでに他の植物との競合に負けてしまうからなのでしょうか。ここでは何らかの理由で大木になるまで(それも何本も)成長を妨げる外因がなかったということなのでしょうか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM