1_萌萌虫雑記帳.png

モンテネグロダンゴムシ8

2016/05/19


 昨年の6月に飼育を始め、一向に繁殖に至らないので12月に新たに数頭を追加しました。それと同時に大きなケージに移したのですが、その後も繁殖せず、それどころかどんどん数を減らしてゆき、3月までに死滅してしまいました。
 2月にはキューバホソワラジムシのケージの中に3頭ばかりの本種の幼虫を見つけたのですが、この幼虫たちは、その後もホソワラジムシの群れに混じって元気に暮らしています。



 2月に見つけた時には、生後間もないホソワラジムシたちよりも大きかったのですが、今では追い越され、群れの中ではチビスケになってしまいました。本種は他種にくらべて成長がゆっくりしているようです。



 ホソワラジムシたちとは相性がよいようで、すっかり群れの仲間になっています。



 専用のケージで育てていた本種が、どんどん衰退し死滅してしまった原因は、湿度が高すぎたからかもしれません。ホソワラジムシのケージはけっこう乾いていて、しかもマットから離れたアーチ方の足場に群れていることが多いです。等脚類が水分がないと呼吸ができないということで、ついつい湿度を高くしてしまいがちなのが敗因かもしれません。
 逆にヒメフナムシでは、湿度過多の状態で調子がよく、湿度を下げると調子を崩しました。同じ等脚類でもまったく同じようには飼えないようですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM