1_萌萌虫雑記帳.png

アオカミキリモドキ2

2016/05/19


 筆者が子供の頃は、かなり都会化が進んだところでもツマグロカミキリモドキが群れをなしているのをよく見かけました。子供たちは戦争虫などと呼び、これを捕まえて肘の間でつぶし、無事に殺すことができたら勝利、皮膚が赤く腫れ上がったら負け、なんてくだらないことをやっていました。
 ツマグロカミキリモドキの体液に触れると皮膚が炎症を起こすというので、害虫として駆除の対称にもなっていますが、筆者はこの虫を素手でつかんで被害に遇ったことは1度もありません。



 アオカミキリモドキです。久しぶりに見ました。カミキリムシにそっくりな形態ですが、カミキリムシとはまったく別系統の甲虫です。どちらかというとジョウカイボンやマメハンミョウなんかに近い虫であると思われます。



 大きな大腮と大きな複眼が、ひじょうにカミキリムシ的ですが、触角が糸状で細く、体はひじょうに柔らかいです。とてもすばしこく、なかなか写真を撮らせてくれません。



 頭部のズームアップ。見れば見るほどカミキリムシに似ています。



 なんとかいいショットを撮ろうと苦戦しているうちに、突然動かなくなってしまいました。



 擬死いわゆる死んだふりです。でもすぐにまた逃げまどい始めます。



 飛んで行ってしまいました。
 本種はツマグロカミキリモドキに比べると個体数が少なく、山地に多く棲息していると思われます。筆者のこれまでの目撃経験はいずれも山地でした。今回は、うちが山間なので。
 成虫は花粉などを食べており、灯火にも飛来するようです。幼虫は朽木を食べています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM