1_萌萌虫雑記帳.png

コアシナガバチ2

216/05/31


 うちの庭にコアシナガバチが巣作りを始めました。発見したときにはすでにかなり進捗しており、巣穴の閉じたもの、すなわち中に蛹が入っている室もあります。もう少しすると最初のワーカーたちが羽化して女王を助けることでしょう。



 去年、公園の近くで見つけた時もそうでしたが、地上高20cm以内の低い位置に巣を作っています。アリ等に襲撃される危険はないのでしょうか。



 写真の右側から順番に巣を拡張して行ったようです。



 下から見上げたところ。長い室には白いフタがしてありますが、これは蛹化が迫った幼虫が自ら糸を吐いて作ったフタです。つまり中に蛹があります。短い室には卵があるはずです。幼虫が孵化し、その成長に応じて親バチが室を長くします。



 この時期の初期巣は、女王が単独で営巣し育児も行ないます。大変だ。



 発見から3日後。巣に変化はありません。



 早くワーカーたちが羽化して、女王が産卵に専念できるようになるといいですね。
 今のうちなら女王ごと巣を確保するのは容易です。飼育のために捕まえるなら今です。でも考えてみれば、自分の家の庭にあるので、あえて飼育しなくてもいつでも観察できるわけです。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM