1_萌萌虫雑記帳.png

キリウジガガンボ

2016/06/02


 ガガンボって、巨大な蚊だと思ってましたが、じつはハエの仲間なんですと。漢字では大蚊って書くらしいですが。ハエ類と言い切ることはできないと思いますけど。いわゆるガガンボ科の昆虫です。幼虫は水生や地中生で、本種は後者の方。腐敗した植物や柔らかい芽や根を食べるといいますから、生態的にはハエに近いですね。穀類の根にも群がるので害虫とされています。



 やたら長い肢と、ヘロヘロと弱々しく飛ぶ姿が、なんとも謎な昆虫ですが、カゲロウなどと同じで成虫は生殖のための一時的な最終形態であって、彼らの生活のメインは幼虫なのでしょう。そんなこと言ったらセミ類やコガネムシ類も幼虫の時期が圧倒的に長いですよね。考えてみれば内翅類(完全変態昆虫)には幼虫メインのものが多いです。ハチやアリは成虫メインですけど。
 触れるとすぐ取れてしまう長い肢はほんと意味不明ですね。



 成虫は、植物に集まって花蜜や雨露でも飲んでいるのでしょう。灯火にもよく来ますが、来たところでなんだっていうのでしょう。でっかい蚊だと思われて人間につぶされるのがオチでしょうに。
 虫を見るととにかく飼ってみたくなる筆者でも、この虫には興味ありませんね。ちとボロクソ書きすぎました、すみません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM