1_萌萌虫雑記帳.png

ヨコヅナサシガメ2

2016/06/09


 前回本種が飛んできたのは、もう2年前のことでしたか。1年前にはシマサシガメがお目見えし、今年はまたヨコヅナサシガメが飛来しました。本種とは山歩きの時やら、他にも出くわした覚えがあるので、遭遇率としてはシマサシガメよりも本種の方が高いです。外来種のクセに。外来種は強いですね、どこでも。でもこれは日本の在来種が弱いってことではなく、たまたま強いやつが目立つってことです。



 一見すると、ある種のハチのようにも見えますが、この個体はたまたま腹部の外縁の肥大具合が小さく、その部分にある白い模様が目立たないから、いっそうハチに見えます。たいていは腹部の白い縁取りですぐに本種と判るんですけど。お恥ずかしい話し、筆者自身が最初ハチかと思ってしまったわけで……。



 横から見ると、わずかにその白い縁取りが見えます。左前翅がちょっとおかしいですね。鳥にでも突かれて負傷したのでしょうか。



 頭部ズームアップ、鋭いくちばしが見えます。虫の場合くちばしなんて言いませんが。これを獲物に突き刺して体液を吸汁するわけです。サシガメはしばしば、これを武器にも用いるようで、うかつに手を出すと刺されて痛い目に遇います。



 覆面図。6肢の基節および尾端が真っ赤でひじょうによく目立ちます。敵に襲われた時に裏返ってこの模様を見せると、敵がひるむかもしれません。これは筆者の憶測であってそのような生態があるという記述は読んだことがありません。本種の幼虫では背面にも赤い模様があるほか、肢の基節の赤色が背面からでも判るので、警戒色になっているのかもしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM