1_萌萌虫雑記帳.png

オオイシアブ

2016/06/11


 体長が25mmほどあるがっしりとした体躯の大きなアブです。同じムシヒキアブ科のシオヤアブに比べると体長でじゃっかん負けるものの体格があるので強そうに見えます。
 ムシヒキアブの仲間は、幼虫は朽木の中などで他の幼虫などを食べ、成虫は昆虫やクモを捕獲してその体液を吸います。幼虫成虫ともに獰猛な肉食性です。双翅目の仲間としてはハチが危険動物として有名ですが、場合によってはアブの方が危険だったりします。吸血のために哺乳動物にさえ突進して行くアブもいますから。
 子供の頃、たまたま自分の足のくるぶしに止まったでっかいアブを嬉しそうに見ていたら、そのうち激痛が走ったことがありました。あとで腫れるようなことはなかったですが、とにかく痛かった。



 はい、死骸です、残念ながら。飼育2日目にしてこの惨状です。頭からマリマリとかじられてしまっています。餌用に入れておいたジャンボミルワームに逆に食われてしまいました。初日はブンブン羽ばたいていて元気そうに見えたのですが、見誤ったようです。すでに衰弱していて、採餌する元気もなく、やがて動けなくなったところをジャンボミルワームの餌食になったのでしょう。
 体力を回復させるために、先に昆虫ゼリーかアクエリアスでも舐めさせればよかったのかもしれません。失敗です。



 よくお世話になっている虫とり名人の方による撮影画像です。元気なころの姿です。
 黒い体に前胸と尾部のオレンジ毛が目立ちます。体格もサイズもクマバチといった風情です。ネットで検索すると前胸の毛は消失している個体が多いようです。近縁種にチャイロオオイシアブがいますが、それは尾端から4節がオレンジ色になるそうですから、この個体はオオイシアブの方ですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM