1_萌萌虫雑記帳.png

コハナグモ

2016/06/11


 カニグモ科の代表選手と言えば、やっぱハナグモですね。その名のとおり花やその近くで小さな虫を待ち伏せしています。花の近くにいるのは、花蜜に誘われて集まる虫を期待しているのでしょう。



 これは知人から譲渡されたメスですが、腹部背面の模様や色合いがひじょうに変っていると思い、記述しました。ハナグモのメスの腹部の模様はひじょうにバリエーション豊かで、しばしば人面に見えたりしますが、この個体は色自体が個性的です。一般的には白っぽい腹部に光沢のある茶色の紋が入るのですが、これは濃淡のアズキ色で模様が構成され、和菓子といった風情です。



 ということで、もちっとよく調べてみたところ、コハナグモという別種のメスであることが判明しました。なるほど。でも、いいですねこの色合い。あたしゃ大好きです。
 本種もハナグモと生態はほぼ同じのようです。ただ、個体数はハナグモよりも少ないかもしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM