1_萌萌虫雑記帳.png

クロツバメシジミ

2016/06/17


 シジミチョウ科の仲間は、いずれも小さな蝶ですが、2014年に飼育を手がけたキリシマミドリシジミのようなメタリックカラーのものや、クロシジミのように幼虫がアリと共生するもの、アブラムシやアリの卵を食べる肉食幼虫を持つものなど多様な仲間を擁します。越冬形態も様々で、卵、幼虫、蛹、成虫と全タイプがそろっています。アゲハチョウ科とは近縁で、後翅にアゲハのような尾状突起を持つものもいます。
 平野部や低山地、都会化が進んだところでも、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミなどはよく見かけますね。翅を閉じて静止していると、似たような灰色のチョウなのに、翅を開くと赤や水色が飛び出してきて目を見張ります。
 本種は代表的なシジミチョウと同様に、幼虫は下草類に寄生しています。食草はツメレンゲやイワレンゲ、あるいはマンネングサといったコケのように小さな植物まで食べます。



 わずか7mmほどの小さな蛹です。今回は蝶の達人からこれをいただきました。右は羽化後の脱け殻。



 背面図および側面図。毛が生えた蛹も珍しいですね。



 羽化した成虫です。翅の裏面および体の腹面は灰白色ですが、翅の表面および体の背面は黒です。渋いです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM