1_萌萌虫雑記帳.png

エサキモンキツノカメムシ2

2016/06/19


 飼育を開始するのと同時に、もう繁殖の報告です。越冬中から飼い続けているアカスジキンカメムシとオオホシカメムシがいまだに繁殖に至らないのに対して、本種はなんと旺盛なことか。



 メスが産卵したばかりの卵塊を守っています。自然界ではいつまで卵の保護を行なうのでしょう。幼虫が孵化するまででしょうか、それとも産卵後一時的にでしょうか。ヘビの仲間にも産卵後しばらくの間だけ抱卵するものがいます。孵化まで面倒をみるものもいますが。



 ケージのそこここに卵塊を見つけることができましたが、メスが保護しているのが観察できたのは一例だけでした。



 パールのような輝きがあってなかなか綺麗です。



 黒ずんでいる卵塊と綺麗な薄緑色の卵塊。黒ずんでいる方は死卵でしょうか。それとも孵化が近づいている兆候なのでしょうか。
 卵の多くは、うちに届いた時にはすでに産みつけられていたようです。採集者が卵塊を見つけて葉ごと入れておいてくれたのかもです。葉を棄てずに足場として入れておいて良かったです。上述のメスが保護しているものは、飼育開始後に産み落とされたものかもしれませんね。



 孵化の様子。黒っぽい卵はやはり孵化直前の状態だったようです。孵化した幼虫たちは、重なり合って玉を形成しています。



 幼虫の塊のズームアップ。透明感あふれる微細な虫です。



 幼虫たちは、時間が経つと徐々に離ればなれになって行くのでしょう。このゴマ粒よりも小さな幼虫たちを育てるのは容易ではないでしょう。新鮮な食草を用意してやるのがまず困難ですし。



 カメムシの孵化が観察できただけでも良しとしましょうか。可愛いですね。



 一方、成虫たちはすっかりリンゴに夢中です。本種もすでに飼育中のカメムシたちと同じようにリンゴとアクエリアスで飼えそうですよ。



 幼虫たちもこんな感じで、リンゴやアクエリアスに群がってくれれば、飼育の見通しが明るくなります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM