1_萌萌虫雑記帳.png

キリギリス13

2016/07/05


 クツワムシのケージ内で繁殖した幼虫たちがじつはキリギリスと判明。
 以下の記録はクツワムシとして記述していますが、じつはキリギリスでした。その詳細はキリギリス15を参照してください。

2016/06/22


 最初の頃は、なかなか大きくならないので心配したのですが、6月に入ってからどんどん成長するようになりました。ネットで調べたところによると、野生ではクズを好みマメ科の植物から摂取できる豊富なタンパク質のおかげで動物質をほとんど摂らずに成長するとあったのですが、この情報はあまり正しくない気がします。本種についても多くのキリギリスやコオロギの仲間と同様、充分な動物質と水分が成長過程では重要であると思われます。



 6月上旬、明瞭な産卵管を持つ幼虫を発見。この頃、幼虫たちの急成長を実感しました。



 6月中旬、これまでホイホイ姿を見ることがなく、いったい何頭生き残っているのだろうと不安でしたが、常にクズの葉上に数頭の姿が見られるようになりました。フタの近くにも集まっているので、逃がさないように世話するのが大変です。この頃は、逃がしたものを捕まえると噛みついてきます。



 動物質として与えている熱帯魚用飼料をひじょうによく食べます。また、同じケージにわいていたツユムシの姿が減ってきたのは、本種に捕食されているのではないかと思われます。本種はキリギリスほどには活発に捕食活動を行なわないかもしれませんが、ツユムシは敵に遭遇しても動かずにやり過ごそうとする傾向があるので、クツワムシにとっても容易に捕らえられる虫なのかもしれません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM