1_萌萌虫雑記帳.png

オジロアシナガゾウムシ

2016/06/22


 でたぁ、筆者にとってはひじょうになつかしい虫です。キリギリス採りにクズの茂みに赴くと、よく本種に出会いました。マルカメムシのように群生するわけではありませんが、探せばけっこう見つかります。白と黒のコントラストがけっこうきれいで、ずんぐりとした体形と相まって、指先サイズのパンダだ、と子供の頃の筆者は感想を抱きました。



 じっと動かないかと思えば、いつまでもトコトコ歩き続けたり。見ていてなかなか飽きない虫です。これはオスがメスに交尾を迫ろうとしているのかと思ったのですが、単に歩いていたら出くわした同僚を乗り越えようとしただけでした。



 鎧のような硬質の体に腿節の肥大した頑丈な肢。典型的なゾウムシといったところですね。



 クズの葉のへりっこに群れていますが、野生では茎にくっついていることが多い気がします。茎をかじっているところを観たこともあります。対して葉を食べているところはあまり見かけません。



 本種についてよく見知っている人には、ずいぶん黒っぽい個体群だと感じることでしょう。筆者も最初そんな印象を受けました。これも最近入手した多くの虫たちと同様、虫取り名人の方に送っていただいたのですが、輸送中に狭い容器の中で蒸れてこうなったのだと思われます。
 子供の頃、手当たり次第に虫を捕まえて菓子の空き容器などに入れて持ちかえると、虫たちがことごとく黒ずんでしまっていた、そんな経験を思い出します。飼っているうちに元の色合いを取り戻すでしょう、たぶん。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM