1_萌萌虫雑記帳.png

オオホシカメムシ5

2016/06/24


 越冬を終えてもうずいぶんになりますが、カメムシのリンゴ&アクエリアス飼育はひじょうに有効ですね。現在もみんな元気にしており、これまでに死去した個体は2頭だけです。うち1頭は逃がしてしまったものが、温室内で死骸で見つかりました。このことから、やはり餌がないと死んでしまうのだと思いました。ということはケージ内ではちゃんと採餌できているということにもなります。



 ケージ内に入れてある枯れ葉が彼らの隠れ家です。



 頭隠して尻隠さずってやつですね。



 現在飼育中のアカスジキンカメムシと異なり、プラケースのフタに挿んである防虫シートにくっついていたりすることはほとんどなく、たいてい物陰にひそんでいます。



 同種同士で寄り合うのも好きみたいです。それなのに交尾や産卵が観察できませんが。



 足場代りに入れてやっている葉には、糞がたくさんついています。食べ物が水分なので糞も固形ではありません。広葉樹を入れておくと産卵すると聞いたことがあるので、それを期待していたんですけどね。



 プラケースの壁面についた糞。



 葉上に集まっています。餌の交換時には今でも気をつけないとすぐに飛び立ってしまいます。元気な証拠なのでよいのですが。赤い体が葉の緑によく映えますね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM