1_萌萌虫雑記帳.png

ヨツボシモンシデムシ

2016/09/01


 本項はもともとヨツモンシデムシとして記述していましたが、tenoritiger2014otora様よりご指摘いただき、その和名が誤ったものであると判明いたしましたので、ヨツボシモンシデムシと改めさせていただきました。

2016/06/24


 今年入手した多くの虫と同様、本種も虫取り名人様にいただいたものなのですが、筆者はこの虫の存在を今の今まで知りませんでした。高校生の頃に修学旅行で高野山に行った際にヤマトモンシデムシを1頭見つけたことはありましたが、ヨツモンシデムシ(この和名は誤りであると判明)の名は知りませんでした。ネットで調べてみますと、意外とヒットする件数が少なく、外観がヤマトモンシデムシに酷似することもあり、ヤマトモンシデムシの変異型や地域亜種なのではとも思いましたが、どうやら本種とヤマトモンシデムシは別の虫であるようです。



 筆者の手元に届いたときには、残念ながら3頭とも息絶えていました。虫取り名人様から届く虫が死着することはこれまでありませんでしたし、シデムシは頑健なイメージがあったのでちょっと意外でした。むかし腐肉採集で大量に捕まえたヒラタシデムシなどは、小さな容器にギュウギュウ詰めで持ち帰っても死去する個体はひじょうに少なかったですしね。
 サイズにかなりの個体差が見られるのは、性差なのかもしれません。だとすると大きい方はメスと考えるのが妥当ですね。これも情報がないので決めつけられないのですが。



 本種とヤマトモンシデムシの大きなちがいは、翅鞘のオレンジ色の紋の中に黒い点刻があるかないかでしょう。あるほうが本種です。
 また、ヤマトモンシデムシは多くの府県でレッドデータに記載されているようです。

コメント
はじめまして、虫好きでシデムシを集めている者です。
モンシデを検索していてたどり着きました。
もしこれが日本(本州)の虫ならば「ヨツボシモンシデムシ」ではないかと。「ヨツモンシデムシ」は誤った和名なので、ほとんどヒットしないはずですね。
ヨツボシは最も普通にみられるモンシデですが、もし仮に南西諸島ですと別種の可能性もあります・・・
tenoritiger2014otora様。
ご指摘ありがとうございます。お教えいただいた和名で検索いたしましたところ、多数ヒットしました。当ブログでもそちらの和名を採用させていただくこととし、近日中に改訂いたします。
筆者はこれまでヨツボシモンシデムシもその存在を知りませんでした。おかげでまた新たな知識をえることができました。重ねてお礼申し上げます。
  • 筆者
  • 2016/09/01 7:39 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM