1_萌萌虫雑記帳.png

オビガ3

2016/06/26


 鱗翅類の幼虫らしい大食ぶりを発揮したのは、飼育開始からしばらくの間だけでした。すでに多くの幼虫が蛹化にいたり、世話がひじょうに楽になりました。2014年のタケカレハの悪夢はもうゴメンですからね。



 6月21日。1頭の幼虫が、ケージのフタに挿んだ防虫シートにくっついたままシャチホコガの幼虫の真似をしています。微動だにしません。



 6月23日。食草の消費がずいぶん少なくなりました。もう少しで幼虫の飼育も終わりですね。右端に繭が見えます。



 6月25日。前日見つけたシャチホコガのまねっ子は依然として固まったままです。



 それから10分ばかり後の姿。あれ?



 少し離れたところに、脱皮直後の幼虫がいました。この個体はまだ終令幼虫ではなかったようですね。他の多くがすでに蛹化していると言うのに。サイズ的にも他の幼虫とあまりちがわなかったように思うのですが。
 それにしても少し目を離したすきにとっとと脱皮を終えてしまうとは。なんか決定的な瞬間を見逃したようで悔しいです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM