1_萌萌虫雑記帳.png

チュウレンジハバチ3

2016/06/29


 幼虫の飼育はわずか数日で終了でした。最初はなかなかの大食ぶりを見せつけてくれましたが、それが止んだとたんにさっさと蛹化に移行し、あとは糞がたくさん落ちているマットだけを残して姿を消してしまいました。あとは羽化を待つのみです。



 飼育を始めて数日は、たくさん食べてたくさん糞をしました。



 それがパタリと止むと、バラの葉上からは姿を消し、地表に数個の繭が残りました。このハチも地中で蛹化すると思っていましたが、地表に網状の繭を作るものも少なくありませんでした。



 土に半分埋もれた繭。コブシハバチのようにこれから翌春まで長い休眠に就くわけではないので、絶対に地中に潜らなくてはならないということでもないのでしょうか。



 まだ蛹化していない幼虫たちも、食草から地表に移動しており、体色も黄色に変じています。この翌日にはすべて地中にもぐってしまいました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM