1_萌萌虫雑記帳.png

アシナガグモ

2016/06/29


 クモの仲間はとてもよくまとまったグループで、いずれもそれと判る形態をしていますが、なにせ種類が多く、中にはクモと判るもののずいぶんと変わった形態のものもいます。
 草むらで、単子葉類の長葉にそって直線上に肢をそろえてじっとしているクモを目にすることがありますが、刺激を与えるとバタバタとぎこちなく歩きだします。体長のわりにひじょうに広いレッグスパンにちょっと驚かされるのですが、それがアシナガグモですね。
 これも虫取り名人様からのいただきものです。



 長い肢ですねぇ。とくに第1第2歩脚の長さがすごいことになっています。これは歩行よりも触角としての機能が優れているように思えます。



 バタバタと暴れるので、とりあえず撮影のために試験管に入れました。狭いガラスの中では、この長い肢はまったく機能を失います。



 試験管のフタのスポンジまでよじ登りました。この虫は小さいけれど、さすがに試験管では飼えそうにないですね。もっとも大きな巣網を張るコガネグモを小さな容器に閉じ込めて餌を与え、長期間飼っている人もいるようですが。



 大きな牙と丸い頭に点在する単眼。変な顔ですね。



 ペアです。触肢が丸く肥大している方がオスですね。



 牙は鋭い鋏角になっていて棘がたくさんついています。ひじょうに獰猛そうな面構えですが、じつはこの大きな鋏角は、交接時にメスをしっかりホールドするためのものだとも言われています。そのわりには、メスにも大きな鋏角がついていますけどね。



 雌雄でサイズ差は少ないので、ペアであれば同居させられそうです。試験管では無理ですけど。



 このクモを送ってくださった虫取り名人様は、こんなふうにして託送して来ました。これなら一時的にペアを同居させておいても落ち着いていそうです。
 本種は日中は葉陰などに身を潜め、夕方から巣網を張り、夜間に虫を取るのだそうです。飼育には巣網を張るためのスペースと、昼間身を隠すためのシェルターが必要です。



 採集者撮影の交接の画像。鋏角をいっぱいに開いてそれをかみ合わせています。大きな鋏角が交接に用いられるものであることはまちがいなさそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM