1_萌萌虫雑記帳.png

キクキンウワバ2

2016/07/10


 久しぶりに、金色の翅を持つ神秘的な蛾に再開しました。いかほどぶりかと言いますと、前回の記録を見ると……、なんだまだ9ヶ月しか経ってないじゃないか。前回は秋でした。ネットで調べてみますと、どの記事も成虫の出現時期は春から秋となっており、年何化なのかということに触れた記事は見当たりませんでした。こうして猛暑の中でも活動しているところを見ると、夏場に休眠して春と秋に活動するといった習性はなさそうです。



 金色の翅は、久しぶりに見てもやっぱ美しいです。今回もじっとして動きませんでしたが、昼間でも花から花へ飛び回って花蜜を求めるそうです。



 前から見ると、前胸の突起(毛でできている)と前翅内側の隆起がよく目立ちます。



 側面図。糸状の触角がとても長いですね。よく見ると頭頂に小さな突起があります。



 反対側面図。今度は日光の当たっている側なので翅の金色もよく輝いています。ええ? そうでもないって? 筆者の撮影技術不足はさておき、横から見るとなんかかっこ良くないですか?
 蛾ってほんと撮影に協力的ですよね。チョウやトンボにも見習ってもらいたいものです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM