1_萌萌虫雑記帳.png

コオイムシ3

2016/07/10


 コオイムシたちの孵化の後の経過です。



 7月1日に背中の卵が孵化を迎えたオスは、翌日には背中がきれいになっていました。強固にくっついていた卵を、いったいどうやって落としたのでしょう。



 翅もきれいに露出しましたから、これで自由に飛べますね。



 金魚鉢の中のオスたち。1頭はまだ卵を背負ったままです。



 7月3日には2頭目のオスの卵も孵化を迎えました。なぜか体が固まって黒くなった幼虫が数匹、オスの背中に乗っかっています。



 金魚鉢の幼虫たち。白いものが浮いていますが、オスの背中から脱落した卵の殻です。



 7月5日。プリンカップで個別飼育中の幼虫が羽化しました。下にいる白いのが羽化した成虫、その上のは脱け殻です。



 コオイムシは半水半陸の虫とも言われており、地上の虫も捕食するそうです。飼育には陸地が必須とのことです。しかしながら、この幼虫は水中生活のまま問題なく羽化を迎えました。水中生活といってもうちに来て数日ですけど。でも今後は陸地も設けてやることにしましょう。



 羽化して数時間で、黒い体に変身しました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM