1_萌萌虫雑記帳.png

ゴミグモ

2016/07/20


 コガネグモ科にはひじょうに多くの種が含まれますが、ユニークな形のものもけっこう多いです。コガネグモのように大型で鮮烈なバンド模様を持つものもいれば、サツマノミダマシのように美しい緑色のもの、オオトリノフンダマシのように茶色いマンジュウのようなもの、じつに様々です。代表選手のような派手な模様と長い歩脚を持つものの方がむしろ例外的で、面白い形の腹部に小さな肢を持つ小型種が主流です。
 その中でも本種はひときわ異彩を放っています。ゴツゴツとした起伏のある腹部は、花の形にも見えますが、色合い的にまったく花的ではありません。横から見るとヤドカリみたいですが、甲羅に身を隠す機能はありません。なんだか不思議なクモです。



 オスです。形も変ってますが、肢もなんだかヨレヨレな感じで特徴的です。



 自然界では巣網にゴミをたくさん吊るして、それで身を隠す習性があるそうです。というわけでゴミグモです。



 腹部前方左に、なんか卵っぽいものが着いてません? 写真を見てから気づいたのですが、何かに寄生されてる可能性があります。



 メスです。虫取り名人様は、こんな珍虫さえもペアを捕獲しました。メスはオスよりも一回り大きいです。先ほどのオスにくらべると腹部が明るい色をしていますが、これは性差ではなく個体差だと思われます。



 横から見るとヤドカリっぽくないですか? ゴツゴツした腹部が巻き貝のようで。貝殻に身を隠すことはできませんが、ゴミを集めて隠れるなんて、ユニークですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM