1_萌萌虫雑記帳.png

ヤハズハエトリ

2016/07/22


 オスは黒色のクモで、腹部に白い矢筈(やはず)模様があります。矢筈とは矢の弦を受ける部分のことで、矢筈模様はハの字を繰り返したような図柄です。種名の由来はこれで明らかですが、メスはかなり色彩が異なり、灰色の体をしていて腹部には茶色の太いストライプが2本あり、まるで別種のようです。ハエトリグモの仲間としてはスリムな体形をしています。アリグモほどではありませんが。



 今回、虫取り名人様より1頭のメスをいただきました。美人でしょ?



 大小の単眼で構成されるクモの顔は、ロボットっぽくて可愛いですよね。



 腹部のストライプ模様。ふかふかの肌触りを感じさせます。



 歩脚のうち前3対が前方を向いているところは、彼女が優れたハンターであることを伺わせます。歩行の際には第3歩脚は後ろ向きになります。第1歩脚は獲物を捕らえるために大きくなっています。



 本種も飼いやすいクモです。頭をつぶしてやれば大きな虫でも餌として充分に使えます。死んでしまわないように頭をつぶしましょう。やっぱ生き虫には反応がよいですから。



 徘徊性のクモはちっこいものがほとんどですが(アシダカグモはでかい)目が大きくよく発達していて、とっても良いマスクをしていますね。徘徊性のクモを飼うなら、接写のできるカメラで顔を写真を撮りましょう。飼わなくても自然観察でも撮れればよいのですが、目が良い上にひじょうに敏捷ですから、並々ならぬ撮影技術を必要とします。筆者のような手ぶれピンボケ写真で喜んでいるような者にはありえない技です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM