1_萌萌虫雑記帳.png

コオイムシ4

2016/07/27


 コオイムシは半水半陸の虫とよく言われますが、現在のところうちでは、ほぼ水生生活に徹しています。1度だけ飛んで逃げたことがありますが、すぐに捕獲してケージに戻してやりました。その後もケージにフタをしなくても逃げ出すことはありません。



 水生カメムシの中では、もっとも陸よりの生き物であると思われます。自ら上げても何日でも平気で生きています。ただ、地上での行動はかなり不得意のようです。



 自然界でも地上でカタツムリや地虫などを捕食することもあるそうです。しかしながら水中での活動の方が断然器用で、レッドローチなどを水面に落としてやると、猛然と襲いかかるさまが観察できます。驚くほどすばやいです。



 幼虫が巣立ったあと、長らく卵の殻を背中に背負ったままだったオスが、ようやくそれを外しました。最初に幼虫の孵化を迎えたオスは、孵化の終わった翌日には卵殻を落として元の体に戻っていましたが、あとで孵化を迎えたオスは、ずいぶん長く卵殻を背負ったままでした。
 上の写真は、オスの背中から脱落した卵殻です。最初のオスは、脱落した卵殻はバラバラになって水中に散りましたが、これはつながったままの状態です。いったいどちらが自然なのでしょうね。



 コオイムシは、ひじょうに頑健な虫ですね。以前に飼ったことのあるタガメはもっとデリケートで、成虫はもとより孵化した幼虫の飼育もかなり難しかったです。幼虫たちも死亡率が低く、餌食いも良好です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM