1_萌萌虫雑記帳.png

コシロカネグモ

2016/07/29


 飼育中のチュウガタシロカネグモとは近縁のアシナガグモの仲間です。体がじゃっかん小さいのと、腹部の模様がやや異なります。もっとも模様には個体差があって、両者の区別が難しいほど似ている個体もあるようです。虫取り名人様からのいただきものです。



 虫取り名人様から送られてくるまで、本種の存在を知りませんでした。筆者がこれまでに目にしたチュウガタシロカネグモのうち一部は本種だったかもしれませんね。



 チュウガタシロカネグモが水辺を好むのに対して、本種は主に林の外縁部などに多いそうですから、むしろ本種の方を多く目にしてきたのかもしれません。



 試験管しいくでかれこれ3週間になります。狭いスペースでは巣網を張るわけにはゆきませんが、何度か採餌し元気にしています。歩脚にはひじょうに長い棘があって、獲物をホールドする能力は低くありません。カニグモの仲間のように大きな獲物を捕らえることはできませんが。



 今年は虫取り名人様のおかげで多くのクモと出会えましたが、アシナガグモの仲間と小さなコガネグモの仲間は、なかなか飼育が難しいように思えます。長期飼育を成功させるためには、やはり充分に広いスペースと、小さな蛾やバッタのような生き虫を与えてやる必要があるのでしょう。
 その点では、本種は珍しく狭いスペースでも元気にしています。いい子だ。



 腹部の模様は、チュウガタシロカネグモに比べると少し寂しい感じです。本種もチュウガタも、刺激を与えると腹部の模様が変化するそうですが、その様子は現在のところ確認できていません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM