1_萌萌虫雑記帳.png

スズムシ3

2016/07/29


 スズムシたちもいつの間にかかなり大きくなっていました。これまでは注意深く探さないと存在が判らないほどでしたが、今では体長7mmくらいになり、なんだか安心できます。



 スズムシは、跳躍力も強くなくとても扱いが楽なコオロギです。柔らかくてひじょうにおとなしい虫の印象がありますが、けっこう共食いもします。なので動物質の餌は欠かせません。日本では古くからよく飼われ、むかしはカツオ節などを与えていましたが、現在は専用の飼料も市販されていますし、熱帯魚用のフレークフードもひじょうに理想的です。



 キュウリやナス、ニンジンなどに動物質の餌を振りかけて与えるとよく食べますが、これくらいに成長すると、それでは追いつかなくなります。浅い小皿に動物質の餌を多めに用意しておくようにします。野菜はカビや腐敗を避けるためにこまめに取り替えるほか、霧吹きで充分に水を与えます。



 来月の中旬くらいには羽化して啼きだすでしょう。スズムシは繁殖も難しくないので、累代飼育されている人も多いようですが、筆者的にはどうしようか迷っているところです。爆発的に増えますしね。
 過密状態で飼ってもまぁ大丈夫なんですけど、代を重ねるうちに劣化が進んで、奇形を乗じやすくなるので、長期的な累代飼育には、3年おきくらいに新しい血を入れてやる必要があると思われます。
 いずれにしても、他のコオロギ類に比べると、ほんとに飼いやすく扱いやすいですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM