1_萌萌虫雑記帳.png

スケバハゴロモ

2016/08/05


 ハゴロモやツノゼミの仲間は、セミのちっこい版といった感じの生き物です。ただサイズ的にあまりにも差があるのと、全体的なプロポーションがセミとはかなりちがっていて、最初は小さな蛾やアブの仲間に見えたりもします。アワフキムシやヨコバイ、ウンカなども全体的な見た目はかなりセミとは異なりますが、顔つきを見ると、セミと同族なんだと感じます。



 筆者にとっては初めて目にする昆虫です。虫取り名人様から送られてきました。ひじょうに小さな虫ですけど、写真で拡大すると、翅の大きなセミって感じです。



 筆者の生活圏には、時折ベッコウハゴロモが出現します。本種の翅の透明部分が少ないバージョンです。



 自分で見つけた虫なら、飼おうって気になりませんが、はるばる神奈川県からやって来たので飼ってみようと思います。旅の疲れかあまり元気がないのが気になりますけど。



 合わせて幼虫も届きました。なんじゃこりゃって最初思いましたが、よく見ると仰向けにひっくり返っている図です。



 表を向けると、さらになんじゃこりゃって思いました。お尻にでっかい羽飾りをつけています。サンバの国のダンサーみたいです。



 後ろから見た図。この大きなディスプレーのおかげで、微細な虫なのによく目立ちます。目立つことのメリットが判りません。



 なんかとっても可愛くないですか? パステルカラーの色合いも素敵です。子供の頃に野原でよく見かけたアオバハゴロモの成虫がこんな色をしていました。ただし、アオバハゴロモはアオバハゴロモ科、本種はベッコウハゴロモと共にハゴロモ科に属します。



 ハゴロモ類の名の由来って何なのでしょう。ヒメゼミとかではダメだったのでしょうか。もっともハゴロモの仲間が小さな虫という常識は世界には通用しませんで、有名なユカタンビワハゴロモは7cmほどの大きさがあります。あのでっかい虫と日本のハゴロモ類は類縁関係にあるんでしょうね。分類データを見つけられないので名前から類推するしかないのですが。



 で、飼育の方ですがクワ、キイチゴ、ブドウなどの汁を吸うそうですから、身近で入手可能なクワを与えることにします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM