1_萌萌虫雑記帳.png

アメリカジガバチ

2016/08/18


 道端でいささか派手めなジガバチを見つけました。ひじょうに衰弱していてあまり動こうとしません。ご本人には申し訳ないのですが、これは恰好のシャッターチャンスです。



 北米から帰化し日本で繁栄しているアナバチの仲間です。日本在来種のキゴシジガバチとは形態が酷似しているうえ生息域が重なり、在来種の方が競合に負けて数を減らしているそうです。キゴシジガバチの方が腹柄節が黄色く、本種は黒です。



 主にクモを捕獲して毒針で麻酔し、泥で作ったカプセル状の巣の中に封じ込めます。クモは生きたまま動けずに巣に閉じ込められ、本種の卵が産みつけられていますから、孵化した幼虫の餌食になるわけです。幼虫は可能な限りクモを活かしつつその体を貪り、1頭の獲物で蛹化に至るまで成長します。カプセル状の巣はいくつもが併設して並びます。こうした巣がやがて進化して行き、スズメバチやミツバチのような壮麗な巣へと発展して行くのかも知れませんね。



 ハチの腰がひじょうにくびれており、尾を自在に回転させて獲物に毒針をお見舞いすることは広く知られていますが、ジガバチの腰のくびれは極端で、棒状というかほとんど針状ですね。その部分が腹柄節で、キゴシジガバチではここが黄色くなります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM