1_萌萌虫雑記帳.png

オオトリノフンダマシ2

2016/08/18


 虫取り名人様からオスが届きました。コガネグモの仲間には、雌雄で極端にサイズ差が大きいものが少なくありませんが、本種もその1つですね。その差は昨年飼育したオオジョロウグモほどではありませんが。



 ちっこいです。アリンコ並みです。まるで幼虫ですね。コガネグモの仲間の、このような雌雄差はオスが加令を止めて生じるのでしょうか。孵化した頃には雌雄差はないと思われます。



 ちっこいけれど、触肢がふくらんでいて、オスとして性成熟しているのが判ります。



 クモの周りの黒毛は、筆者の腕の毛です。まるでダニにたかられている図ですね。



 おりあえず飼育中のメスのケージに入れておきましょ。ただ、うちでは小型のコガネグモの飼育繁殖が上手くいったためしがないので、せっかくペアを入手してもあまり気合が入りませんが。あれこれたくさん飼いすぎて、個々の虫たちにあまり手が回らない状況もちょっと考えものです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM